縁結び食堂 なみ満

グルメ/cafe

太宰府グルメ!!

こんな所にこんなステキなお店があったなんて~✨✨

なみ満

 

おそばやうどんなど和のお食事がいろいろありましたが、

私達は、4人で行ってみんな親子丼でしたw

お値段は900円+tax!!

このお店、あるのは知っていたのですが

参道からすこし入った所にあるので

今まで行った事なかったです。

 

話しに夢中で、写真もろくに撮らずでしたが、

店内は古民家風?昔の宿場のような、面白いつくりで

「るろうに剣心」の撮影で使われそうな感じのレトロ感

従業員の方々も着物で接客。

雰囲気満点でした!!

ゆっくりさせて頂いていると

いきなりの豪雨と雷で店を出れなくなり

お店のご主人が、「どうぞ!」

と、お茶とお茶菓子をくださいました♡

ステキ✨

 

ようやく雨も止んだので、お礼を言って店を出る事に。

お会計を済ませて、外に出るとすっかり晴れて

雨上がりで急に清々しい空気になりました。

入るときには気付きませんでしたが、

目の前に井戸が!!

井戸っぽくない井戸ですが、

浅くて湧き水みたいな井戸

真ん中の♡の形みたいになっている所から

水が湧いていました。

周りにはなぜか5円玉がいっぱいある!?

看板がありました。

円満の井戸

由来

昔、九州油山に海神・豊玉姫命が住んでいました。縁あって隣の宝満山の神に嫁ぎました。

しかし、あまりの夫婦仲の良さに周りの神々が嫉妬し、意地悪をした為遂に離婚することになりました。

豊玉姫は、宝満山を去るとき、

この山に咲く華麗なシャクナゲの1枝を記念に持ち帰ろうとしたが、宝満の神はこれも許しませんでした。(これも男の優しさの一つでは)

姫は悲しみにくれました。

以来、いつまでも油山にはシャクナゲの自生は1枝もない。と言い伝えられています。

 

この井戸は太宰府宝満山から流れてくる井戸水です。

そのシャクナゲを周りに置き、豊玉姫の悲恋をこの井戸で清めて差し上げることで、参道するお客さまの縁結びの成就祈願を込め

「円満の井戸」と決め、ここに落成いたします。

どうかすべての御縁が円満でありますよう。

 

宝満 天満 円満 なみ満亭主

九州の山と伝説 油山縁起神話(天本 考著)より

 

と書かれていました。

なるほど!そうゆう事でしたかぁー😚

 

コメント