太宰府といえば梅ヶ枝餅

グルメ/cafe
きうそくん
きうそくん

太宰府天満宮グルメの代表選手!

梅ヶ枝餅とは

うめがえもちです!「うめがや」と間違える方もいますが、うめがですよ!

主に、福岡県太宰府市で販売されている餅菓子の一種。

老舗の甘木屋さん

甘木屋さん、外観も良い雰囲気です。老舗感はんぱない。天満宮に一番近い参道にあります。

概要

小豆あんを薄い餅の生地でくるみ、梅の刻印が入った鉄板で焼く焼き餅である。

出来上がると中心に軽く梅の刻印が入るようになっている。

その名称は、太宰府天満宮の祭神である菅原道真の逸話に由来しており、梅の味や香りがするわけではない。

製造方法による分類としてはあんこ入りの焼き餅で、「焼き菓子」である。

「蒸し物」である饅頭とは異なる。


梅ヶ枝餅の種類

太宰府天満宮近隣では、菅原道真の誕生日である845年6月25日と、命日である903年3月25日にちなみ、毎月25日を「天神さまの日」とし、月に1度ヨモギ入りで緑がかった色の梅ヶ枝餅が販売される。

また、2015年11月17日からは、古代米入りで紫がかった色の梅ヶ枝餅が販売されている。

当初は九州国立博物館10周年を記念して試験的に販売を行い、その後好評により定例販売が行われるようになった。

 

西鉄太宰府線太宰府駅から太宰府天満宮の門前の茶店や土産物店、梅ヶ枝餅専門店などで販売されているほか、県内で行われる縁日や観光名所、駅や空港などでの出店などでも販売されている。

太宰府に店舗を構えている全店が「梅ヶ枝餅協同組合」に加入し、登録商標取得、価格統一をおこなっている。

きうそくん

どの店も、材料は同じ物らしいよ!

けど、店ごとに微妙に味が違うらしい。

同一の製造方法で、太宰府天満宮門前以外の福岡県内の著名な神社である筥崎宮や宮地嶽神社や宗像大社などの門前で売られている「松ヶ枝餅(まつがえもち)」や、十日恵比寿神社で正月大祭に販売される「恵比寿餅(えびすもち)」がある。

これらは同一の製法であるが、ヨモギ餅が常に一緒に販売されるなどの違いがある。梅ヶ枝餅との関係はない。

 

歴史

菅原道真が太宰府へ権師として左遷され悄然としていた時に、安楽寺の門前で老婆が餅を売っていた。その老婆が元気を出して欲しいと道真に餅を供し、その餅が道真の好物になった。後に道真の死後、老婆が餅に梅の枝を添えて墓前い供えたのが始まりとされている。

また、別の説では、菅原道真が左遷直後軟禁状態で、食事もままならなかったおり、道真が軟禁られていた部屋の格子ごしに、老婆が餅を差し入れする際手では届かないため梅の枝の先に刺して差し入れたというのが由来とされており、絵巻にも残っている。(Wikipediaより)

手作り体験

参道からすぐにある、太宰府館で梅ヶ枝餅焼き体験が出来る!

Booやん
Booやん

私も参加したことありますよ!

自分で焼いたお餅はまた格別でした、教えてくださるおばちゃんとのやりとりも楽しかった(*^_^*)

体験は、お電話にて要予約↓

太宰府館(水曜日休館日)TEL/092-918-8700

 

 

コメント

  1. […] 梅ヶ枝餅を買ってしまったあなた!「食べたいのに、スタバも寄りたい~っ」 […]